サイトについて 特集 ファッション キーワーズ イベント プロフィール ブログ

Key words

PT(physical therapy:理学療法)

母子通園中にアドバイスをもらう程度で特にかかったことがありません。
どんなことをやってるのか知りたいなぁ。

10ヶ月から週に3回から始めました。3歳9ヶ月から月に1-2回の予定です。
主に歩行獲得までのステップを診てもらってました。
歩くようになった後は、階段や、色々障害物を上る練習などをしています。
通い始めた時は、うつ伏せの状態でほとんど動きもなかったけど、その姿勢の中でも「今、どの部分を鍛えてあげたら次のstepへ進んでいけるのかなど、細かく説明しながら訓練してくれたので、私自身、大いに勉強になりました。
PTの時間の中で、食事や手先のことなども見てもらえ、とても助かりました。

3ヶ月のとき、ダウン症児のための赤ちゃん体操へ行きました。
赤ちゃん体操では、一番初めに同じ境遇のお友達もここで出来たし、他にも多くのお友達が出来、親同士の情報交換もできました。ここではダウン症児の特徴を熟知した先生に指導を受けられるのでたすかりました。
リハビリセンターのPTへは生後6ヶ月くらいから参加しました。週1回くらいで受けていたので、日々の生活の中での細かい工夫点を教えてもらいました。これぐらいの頻度で定期的に通う場合、やっぱり自宅から近いと楽です。

うちも3ヶ月のときから、月に一回、赤ちゃん体操に通い始めました。
歩けるようになって卒業してからは、別の療育機関でリハビリを受けています。
比較的、運動面では挑戦的な赤ちゃんだったので、順調に成長しましたが、やっぱり専門家に足首の細かいところとかを見てもらうのや、頸椎の相談などできたのは良かったです。
今は保育所と並行して、月に1-2回通っています。
ヤンチャ坊主なので、先生によると、保育所で暴れているのが一番PTになると言われました。

私も生後2ヶ月から2歳2ヶ月まで赤ちゃん体操へ通いました。
ここでは数歩歩くまでに必要な体操を教えてもらうのですが、1歳2ヶ月から、ズリバイ止まりの発達の遅れが気になり始めて、追加で受けることにしました。
ボイタ法のA園で月2回と、ボバース法を取り入れたB園にて月1回PTを開始。
成長に合わせて必要な筋力のどこが十分でないのか、何をしていけばいいのかなど、専門家に診てもらえるので、親も勉強になります。 現在は、歩行姿勢や足の使い方を診てもらっています。

PTというのは、主に体を動かす訓練と言えそうだね。
いくつかの方式があったり、それぞれの先生によって重要視することが違うみたいなので、先生の方針を聞いて通ってもいいね。
でも、保育園や幼稚園、公園などで、みんなと一緒に遊ぶことも、とってもいいみたい。
注意すること、やってはいけないことなどに気をつけて、いっぱい遊ぼうね☆